助産学専攻科 - 学科の概要

助産学専攻科の目的

健康科学部看護学科の教育を基盤に、地域の女性の健康を守り、安全で安楽な妊娠・出産の過程を支える人材を育成する。

教育研究上の目的

豊かな教養と高い倫理観性を養い、多面的な人間理解と専門的な基礎的知識・技術を身に付け、科学的思考に基づく判断力や創造力のある看護専門職として、地域及び国際社会に有為な人材を育成する。

  1. 教養を深め、感性を豊かに育み、社会の一員として自己成長のできる能力を養う。
  2. 生命の尊重と人間の尊厳を基に、あらゆる世代の対象を多面的に理解し関わることのできる能力と態度を養う。
  3. 看護学と関連諸科学に主体的に取り組み、人々の健康に関する諸問題を科学的に分析し、個別性のある総合的な援助活動が行える基礎的な能力を養う。
  4. 社会の変化に柔軟に対応できる多様な価値観を認識し、看護専門職として生涯にわたり資質の向上を図ることのできる能力を養う。
  5. 保健・医療・福祉に携わるチームの一員として、社会資源の活用と他職種との連携のもとに、広い視野で社会に貢献できる能力を養う。

入学者受入れ方針:アドミッション・ポリシー

1年間の助産学専攻科修了時には、助産師としての役割、責任を果たす能力と思いやりのある心を持った豊かな人間性と高い倫理観を身に付け、社会に貢献できる助産師を 送り出すことをねらいとしている。そのため、入学時には看護師としての基礎的能力に加え、次のような優れた人を求めている。

  1. 看護専門職としての自覚があり向上心のある人
  2. 母性看護学、小児看護学に関心の深い人
  3. 生命を慈しみ育くむことへの情熱のある人
  4. 将来助産師として社会に貢献できる人

教育課程編成・実施の方針:カリキュラム・ポリシー

助産師としての高度な専門知識と技術を身に付け、女性の生涯を通じた健康支援ができる専門職を育成するために、次のような方針でカリキュラムを編成している。

  1. 助産学基礎領域では、女性の生涯を通じて、性と生殖に焦点を当てて支援する助産の基礎を学ぶ。
  2. 助産学実践領域では、妊産褥婦および新生児とその家族を支援する助産実践に必要な基本的診断技術を学ぶ。助産学実習を通して最新の周産期医療に触れ、最新の助産技術を修得し、実践力を高める。保健・医療・福祉関係者との連携・協働、地域母子保健、健康教育、助産管理について学ぶ。
  3. 助産学関連領域では、親子関係の発達を理解するとともに、助産学関連の統合を目指して、生涯にわたる女性の健康支援のための方法を学ぶ。

学位授与の方針:ディプロマ・ポリシー

助産学専攻科の教育目的・目標に沿って設定された授業科目を履修し、基準となる単位を取得することが修了の要件となる。

  1. 所定の単位数を修得していることのほか、演習や実習などへの主体的な参加、助産学研究のプロセスを通して、助産学専門職としての知識・技術・態度を身に付けている。
  2. 看護基礎教育を基盤に、助産師としての役割、責任を果たす能力と思いやりのある心を持った豊かな人間性と高い倫理観を身に付けている。
  3. 高度化する周産期医療に柔軟に対応し、地域社会の母子保健の発展に寄与する能力を身に付けている。
  4. 助産専門職業人として、生涯にわたり自己の資質の向上に努める能力を身に付けている。