教育プログラムの特徴

教育プログラムの特徴

教育目標の達成にむけて

高度な専門性に基づいた看護実践能力を身につけるために、「教養と感性」「柔軟な思考」「自己教育力」を基盤とし、人間力と看護力を育成します。

4年間の学修の中で

第一に教養科目で視野を広げながら、実習で様々な価値観の人々と出会い、社会人としての豊かな「教養と感性」を育成します。
第二に社会の変化や医療現場の急激な進歩と変化にも対応できる「柔軟な思考」を深めていきます。自ら考え、表現する力は、看護の対象となる人々や関連する他職種との円滑な関係調整に必要な能力です。
第三に日進月歩の医療現場において、自分自身の力で問題解決でき、成長していいくことのできる「自己教育力」を養います。これは、看護専門職としての基本姿勢となります。
この三つを基盤に、看護専門職としての科学的な根拠をもった実践力を養い、バランスを保った<人間力><看護力>の育成を目指します。
<人間力>とは、主体的に学ぶ力や十分なコミュニケーション能力、多様な価値観を受け止め、自己研鑽を積み、生涯学び、修得したことを社会に貢献していく力。
<看護力>とは、対象となる人々の人権と尊厳を守り、多面的で個別的、統合的な対象理解の能力。
さらに、多くの人的な社会資源を適切に生かせる力や、他職種と連携しコーディネートできる力を育成していきます。