成績の評価

成績の評価

成績の評価は、次の標語をもって行います。

標語 成績の表示 GPA点数 試験等の点数 合否
80~100点 合格
70~80点未満
60~70点未満
可※ C- 再試験による60点
不可 60点未満 不合格

GPA評価

通常の成績評価に加え、成績評価基準の明確化、厳格な成績評価の実施などのため、GPA(Grade Point Average)評価を行います。GPA評価は、学生が入学等で本学の学籍を取得してから評価時までの科目成績を通算したものです。 本学では、日常の学習状況やGPAを参考にして、履修指導を実施しています。
もし、席次を評価する必要のある場合には、GPAを用います。GPAの数値が大きい者を上位とし、GPAの数値が同一の場合はGPA評価対象となった科目の総単位数の多い者を上位とし、GPA評価対象となった科目の総単位数が同数の場合は優と評価された科目数の多い者を上位とします。これらの数値がすべて同一の場合には、同一の席次とします。

GPAの計算

可のうち、いったん不可と評価され、再試験等の再評価によって評価された場合を可※とします。そのうえで、優を4点、良を3点、可を2点、可※を1点、不可を0点とします。
優と評価された科目の単位数に4を乗じた数値、良と評価された科目の単位数に3を乗じた数値、可と評価された科目の単位数に2を乗じた数値、可※と評価された科目の単位数に1を乗じた数値及び不可と評価された科目の単位数に0を乗じた数値の総計を、優と評価された科目の単位数、良と評価された科目の単位数、可と評価された科目の単位数、可※と評価された科目の単位数及び不可と評価された科目の単位数の総計で除した数値をGPAとします。

単位の認定

授業を履修し、その授業科目の試験に合格すると単位を修得することができます。学生は、学期ごとの授業開始前の所定の期日までに、履修しようとするすべての授業科目を登録しなければなりません。ただし、選択科目にあっては、開講から授業時数の3分の1を超えない日までに申し出れば履修科目を変更(取り消しを含む)することができます。
学生は、病気その他やむを得ない事情により試験を受けることのできなかった場合には、許可を受けて追試験を受験することができます。また、試験および追試験に不合格となった場合には再試験を受けることができます。授業科目によっては、試験の代わりに、論文、レポート、実技等によって評価される場合があります。
教育上有益であると認められる場合には、本学に入学する前に、他の大学または短期大学で修得した授業科目の単位(科目等履修生として修得した単位を含む)を、本学の卒業要件単位として認定します。また、他大学から転入学したとき、または本学をいったん退学し再入学したときに、すでに修得している単位についても同様です。これらによって認定される授業科目の単位数の上限は60単位です。認定は、教授会の議を経て学長が行います。

卒業認定基準

学則第4条で定める4年間の修業年限以上在学し、学則別表第1に定める単位(卒業要件単位)を修得することが卒業認定の基準になっています。
卒業要件単位は、2010年度および2011年度入学者にあっては、必修科目を119単位を含む131単位、2012年度以降の入学者にあっては、必修科目112単位を含む125単位、ただし保健師教育課程選択者の場合は必修科目129単位を含む139単位です。
卒業条件を満たした学生は、学長が教授会の議を経て卒業を認定します。