学年進級と単位認定

学年進級と単位認定

看護学部では、一部の科目の履修について、次のような条件を定めています。

(1)基礎看護学実習Ⅱの履修について

基礎看護学実習Ⅱを履修するためには、基礎看護学概論、健康生活援助技術論、療養生活援助技術論、基礎看護学実習Ⅰの単位を修得していなければならない。

(2)領域実習の履修について

3年次・4年次の領域実習を履修するためには、上記、基礎看護実習ⅠとⅡの単位を修得していなければならない。

基礎看護学実習Ⅰ
基礎看護学実習Ⅱ

領域実習(必修)
成人看護学実習A(急性期)
成人看護学実習B(慢性期)
老年看護学実習 生活支援看護学実習(コミュニティ)
在宅看護実習
精神看護学実習
母子看護学実習A(母性)
母子看護学実習B(小児)
地域看護学実習

領域実習(選択)
家庭訪問実習

①成人看護学実習
成人看護学実習A・Bを履修するためには、原則として成人看護学概論、病態治療学A・B・C・D、成人看護学援助論A(急性期)・B(慢性期・終末期)・C(リハビリテーション期・回復期)の単位を修得しなければならない。
②老年看護学実習
老年看護学実習を履修するためには、老年看護学概論・老年看護学援助論の単位を修得していなければならない。
③生活支援看護学実習
生活支援看護学実習を履修するためには、老年看護学概論、老年看護学援助論、在宅看護論、在宅看護援助論を修得していなければならない。
④在宅看護実習
在宅看護実習を履修するためには、在宅看護論・在宅看護援助論の単位を修得していなければならない。
⑤精神看護学実習
精神看護学実習を履修するためには、心の健康と疾患、精神看護学概論、精神看護学援助論を修得していなければならない。
⑥母子看護学実習A(母性)
母子看護学実習A(母性)を履修するためには、女性の健康と疾患、母子看護学概論(母性)、母性看護学援助論を修得していなければならない。
⑦母子看護学実習B(小児)
母子看護学実習B(小児)を履修するためには、小児の健康と疾患、母子看護学概論B(小児)、小児看護学援助論を修得していなければならない。
⑧地域看護学実習
地域看護学実習を履修するためには、保健医療統計学Ⅰ(基礎)、保健医療統計学Ⅱ(応用)、保健福祉行政論、疫学、公衆衛生看護学概論Ⅰ(総論)、公衆衛生看護学概論Ⅱ(各論)、地域ケアシステム論、地域看護活動展開論、保健計画論、健康教育論、地域保健指導論、産業保健、学校保健を修得していなければならない。
⑨家庭訪問実習
家庭訪問実習を履修するためには、保健医療統計学Ⅰ(基礎)、保健医療統計学Ⅱ(応用)、保健福祉行政論、疫学、公衆衛生看護学概論Ⅰ(総論)、公衆衛生看護学概論Ⅱ(各論)、地域ケアシステム論、地域看護活動展開論、保健計画論健康教育論、地域保健指導論、産業保健、学校保健を修得していなければならない。