健康科学部看護学科 - 専門性を深める

生活支援看護学実習

サービス・ラーニングとしての実習

この科目は、通称「サテライト・デイ」を実践する、新見公立大学独自の取り組みです。新見市内の公民館などを実習場所とし、周辺地域の在宅高齢者を対象とするため、地域そのものが実習フィールドです。生活圏をともにする高齢者の集いの場で、老年期の健康課題や要介護の予防などをテーマに、健康チェックや知識の提供、レクリエーションなどを学生が企画運営するものです。
サテライト・デイは、学生にとってサービス提供の場であると同時に、高齢者との交流をとおして、山間地域での暮らしや高齢者の生活の知恵と豊かな人生経験を学ぶ機会でもある、サービス・ラーニングの実習です。地域の高齢者との温かな交流とサービスの企画運営の達成感が感じられる特徴的な科目です。
(※サービス・ラーニングは、教室における学修と、地域で行われる有意義な奉仕活動を組み合わせた体験的学習方法です。)
サービス・ラーニングとしての実習
alt
alt
alt
alt
alt
alt
alt
alt