健康科学部看護学科 - 大学から地域へ! 新見から世界へ!

地域ボランティア活動

 学生の「ちから」を必要とするボランティア活動の場が新見市内外にたくさんあります。 高齢者施設などで開催される行事での利用者の介助や介護予防活動の運営補助など、看護学生の専門性を活かす活動のほか、地域住民の暮らしの中で学生の若さを発揮する活動もあります。ボランティア活動に主体的に参加し、社会性や人間関係能力を養うことを目指しています。

 活動のなかでのさまざまな体験は、山間地域の特性や住民の暮らしを知る貴重な機会であり、地域住民との交流の輪が広がり、学生生活をより豊かなものにしてくれます。そして、人々の健康と生活を考えるうえでも、貴重な学びの場となります。

国際交流活動

国際交流活動では、オーストラリア・アメリカ・カンボジアなどを訪れ、先進国や発展途上国の文化や生活、諸外国の医療体制や看護、健康上の問題などを学びます。さらに地域の国際親善活動や留学生との交流など国内の交流体験も行い、グローバルな視野を養うことを目指しています。