健康科学部看護学科 - 学科の特徴

教育目標の達成に向けて ~教育目標達成のための要素~

高度な専門性に基づいた看護実践能力を身に付けるために、
「教養と感性」「柔軟な思考」「自己教育力」を基盤とし、人間力と看護力を育成する。

4年間の学修の中では、第一に、教養科目で視野を広げながら、実習で様々な価値観の人々と出会い、社会人としての豊かな「教養と感性」を育成します。
第二に、社会の変化や、医療現場の急激な進歩と変化にも対応できる「柔軟な思考」を深めていきます。自ら考え、表現する力は、看護の対象となる人々や関連する他職種との円滑な関係調整に必要な能力です。
第三には、日進月歩の医療現場において、自分自身の力で問題解決でき、成長していくことのできる「自己教育力」を養います。これは、看護専門職としての基本姿勢となります。
この三つを基盤に、看護専門職としての科学的な根拠をもった実践力を養い、バランスを保った〈人間力〉と〈看護力〉の育成を目指します。
〈人間力〉とは、主体的に学ぶ力や十分なコミュニケーション能力、多様な価値観を受け止め、自己研鑽を積み、生涯学び、修得したことを社会に貢献していく力。〈看護力〉とは、対象となる人々の人権と尊厳を守り、多面的で個別的、統合的な対象理解の能力。
さらに多くの人的物的な社会資源を適切に生かせる力や、他職種と連携しコーディネートできる力を育成していきます。

学科の特徴

入学

1年次】 
幅広い教養と豊かな人間性を養うとともに、看護に必要とされる基礎的な知識と技術を体系的に学びます。
【2年次】 
2年次は、「専門基礎科目」、「専門科目」を中心に、対象の特性に応じた看護を展開するための専門的な知識と技術を学びます。
【3年次】 
3年次は、領域別の臨地実習を通じて、これまで学んだ看護の知識や理論を活用し、その理解を深めるとともに、看護を実践するために必要な能力と態度を養います。
【4年次】 
4年次は、領域別の臨地実習を通じて、看護実践に必要とされる能力や態度を養うとともに、これまでの学修の成果として卒業研究に取り組み、看護の質向上に必要とされる知識と方法論を学びます。

卒業

「学士」(看護学)の学位授与
看護師国家試験受験資格
卒業時取得できる資格
保健師国家試験受験資格(選択制)
卒業時取得できる資格
  • ※保健師教育課程修了者のみ
  • 養護教諭2種免許状
    第1種衛生管理者免許
    保健師の免許証取得後に申請資格が得られる
  • ※保健師国家試験に合格した後、申請により取得できます。

  • 就職

    • 病院
    • 福祉施設
    • 行政機関
    • 企業

    学部長からのメッセージ

    健康科学部長・教授
    上山 和子

    「人間力と看護力を育て、看護職の夢を実現しましょう」

    健康科学部看護学科は、生命の誕生から人生の最期まで、人々のライフサイクルに関わり、健康を支える保健医療の専門職である看護職の育成を目指しています。 看護学科は、専門性に基づいた看護実践力を身に付けるため、「教養と感性」「柔軟な思考」「自己教育力」を基盤とし、人間力と看護力を育成することを教育目標としています。看護学科の特色として、初年次教育に少人数制の「基礎ゼミナール」から「卒業研究」までのゼミ形式の授業を取り入れた教育体制を組んでいます。さらに新見の地域力を生かした体験型科目を通して地域の健康を考えるカリキュラムを構成しています。新見の地で看護の芽を育て、4年間一緒に学んでいきましょう。