新見公立大学 健康保育学科の開設を記念し、本学の体育館でドラムサークルファシリテーターとして妹尾 美穂、飯田 和子、石川 るり子、森本 智美の方々をお迎えしてドラムサークルが開催されました。

ドラムサークルでは、参会者が太鼓や簡単に音が出せる打楽器を使って、音のコミュニケーションを楽しむ中で、お互いが繋がっていきます。主役は参加者です。
 

オープン トライアル

準備がはじまりました
準備がはじまりました。

円形に椅子を並べます
円形に椅子を並べます。本学の学生も一緒になって会場をつくっています

準備の様子
準備の様子 ファシリテーターの指示のもとに準備が進んでいます。

ファシリテーターの方々
ファシリテーターの4名の方々です。

各自楽器をもってファシリテーターの動きに合わせて音を出し始めました
各自楽器をもってファシリテーターの動きに合わせて音を出し始めました。

楽しそうに演奏しています
学生も楽しそうに演奏しています。

ファシリテーターの妹尾美穂さん
ファシリテーターの妹尾美穂さんの動きに合わせてみんなの音が変化します。

楽しそうです
学生も楽しそうです。みんなのパーカッションの音が合わさってすばらしいアンサンブルが出来上がっていきます。

輪になってファシリテーターの動きに合わせて音をつくりだしていきます
みんなが輪になってファシリテーターの動きに合わせて音をつくりだしていきます。
ファシリテーターは、さまざまな体の動きや自分の持っている打楽器の音を使って、参加者から音を引き出していきます。

一人一人がファシリテーターになれます
参加者一人一人が主役になることができます。動きでみんなの音の強さやテンポを誘導します。

学長の動きに合わせて音を出しています
公文 裕巳学長の動きに合わせて音を出しています。

ファシリテーション養成ミニ講座

ファシリテーションミニ講座
後半は、ファシリテーションミニ講座も行われました。ドラムサークルでのファシリテーターの役割について説明を受けました。

ファシリテーションミニ講座2
さらに、ドラムサークルがどのような分野で役立つのかについても、話していただきました。

学生や参加者に笑顔が溢れていました
ドラムサークルの体験を振り返って、学生や参会者に笑顔が溢れていました。