2018年11月30日、今年度の生活支援看護学実習を終了しました。この実習は、新見市内の公民館などを実習場所として、周辺地域の高齢者を対象に介護予防活動(通称「サテライト・デイ」)をおこなっています。最終回では、栄養委員さんと学生による調理が恒例となっており、今回は「糖尿病予防の献立」の健康的で美味しいメニューでした。新見市内の各所で学生は地域の皆さんとの温かな交流とともに、山間地域の人々の暮らし、人生の先輩の生活の知恵などの学びをたくさんいただきました。地域の皆さま、ありがとうございました。

サテライト・デイの様子1

サテライトデイの様子2