卒業生からのメッセージ(※前身である新見公立短期大学 地域福祉学科卒業生)

福祉活動専門員

Sさん福祉活動専門員

 私は新見公立短期大学を卒業後、4年制大学へ編入し、社会福祉士の資格を取得しました。現在、総社市社会福祉協議会へ入社し、3年間生活困窮者支援に携わり、今年から地域福祉係として個を支える経験を生かしながら、個を支える地域づくりに努めています。 入職からの4年間はあっという間に過ぎましたが、職場や地域の中で多くの方と出会い、支えていただきながら、楽しく過ごすことができています。学生生活の中で多くの出会いや発見があると思います。そのことがきっと将来の選択肢につながります。大学での出会いを大切に思い出に残る学生生活を送ってください。

介護支援専門員

Fさん介護支援専門員

 私は新見公立短期大学地域福祉学科の1期生として基礎科目に加え、地域の方との交流や文化など多くのことを学びました。実習は緊張もあり、失敗して落ち込むこともありましたが、友人や先生に励まされ、乗り越えることができました。
 現在は在宅で生活をされている方のケアプランを作成しています。この仕事は人と人との繋がりのある素晴らしい仕事だと思います。今後も誇りを持って精進していきたいと思います。

地域福祉専門員

Nさん地域福祉専門員

 新見公立短期大学を卒業し、就職、結婚、出産、再就職という道のりを歩み、現在は新見市社会福祉協議会で働いています。
 卒業から9年が経っているものの、公私ともに大学との関わりが密接にあり、そのつながりがあることで安心して暮らすことができています。また卒業生、地域と大学を結ぶ社会福祉協議会職員として、在校生の応援をしています。

施 設 長

Mさん施設長

 私は新見公立短期大学を卒業後、7年間現場で介護福祉士として働き、8年目で現在の事業所を設立しました。その間に認知症ケア専門士や介護支援専門員の資格を取得。8年目を迎える現在、10人いる職員のうち3人は同じ新見公立短期大学の出身者で、優秀な職員に支えられ通所・訪問・居宅介護支援事業所の管理者として日々忙しくはありますが、目標を持ち、楽しくやりがいのある仕事をしています。

 

 

就職・進学状況(※前身である新見公立短期大学幼児教育学科の実績)

就職・進学率(2017年度) 100%

地域福祉学科の就職。進学率