地域福祉学科のトップ画像1   地域福祉学科のトップ画像2

健康科学部 地域福祉学科( Department of Community Welfare)      修学年限4年/各学年定員50人

こんな人材を育成します

  地域福祉学科では、地域共生社会を支える福祉人材として、地域や福祉施設、自治体や医療機関で幅広く活躍できるよう、高い倫理観と知識・技能及びコミュニケーショ ン力、地域や多職種と連携・協働できる力、生涯を通じて学び続ける力を身に付けた人に学士(地域福祉学)を授与します。

カリキュラムのねらい

  地域福祉学科では、社会福祉、介護福祉に関する知識、技術、理論と倫理を体系的に学ぶために講義、演習、実習や地域での学修を配置します。また、地域の福祉的課題を発見し対応する力をつけられるよう、副専攻の設置のほか政策科学、法学、防災などの科目も配置しています。

こんな人材を求めています

 地域福祉学科では、大学での学修に必要な基礎学力と、論理的思考により問題解決能力を高める努力ができる人、多様な考えや立場を理解し協働できる人、社会福祉分野への関心と探究心を持ち、人と地域社会に貢献したいという強い意志を持っている人を求めています。

 

地域共生社会の基盤を創る ”21世紀型スーパー地域福祉人材” の育成

複数の資格と創造的な知識・技能を生かし、多様な職場で活躍する福祉人

地域福祉学科全体図

 

”21世紀型スーパー地域福祉人材” 育成カリキュラムの特色

地域福祉学科カリキュラム1年から2年

地域福祉学科カリキュラム3年から4年

取得可能な資格

 社会福祉士国家試験受験資格、介護福祉士国家試験受験資格、行政書士(国家試験受験対応)、社会保険労務士(国家試験受験対応)、各福祉職任用資格(社会福祉主事,児童指導員,家庭相談員)、社会調査士(計画中)、アクティビティ・ワーカー、介護予防運動指導員(計画中)、防災士受験資格(計画中)、共生社会推進士※、地域介護専門士※
(※新見公立大学が認定する資格)

主な進路

就職:社会福祉施設、社会福祉機関、介護保険事業所、医療機関、地方自治体、国家機関、各省庁

進学:本学の大学院(開設計画中)

地域活動

認知症の人への声かけ訓練

認知症の人への声かけ訓練