新着情報

「看護学部看護学科」の名称が「健康科学部看護学科」に変わります

2016/09/23法人

 新見公立大学は、少子高齢化と人口減少に係る諸々の課題に直面している日本の典型的中山間地域にある新見市(人口3.1万人)にあります。本学は創立40周年となる2020年に向けて、課題先進地域にある地の利と教育研究資源を生かし、「健やかな子どもの成長、心の豊かさの向上、高齢者の健康寿命の延伸」を目標とする「地域を拓く健康科学」を体系的に研究、教育する特色のある公立大学の構築を目指すこととしました。

 2017年4月より、地域社会の健康支援と大学の目標実現のため、現在の「看護学部」を「健康科学部」に名称変更し、看護学科の健康科学に関する研究・教育を深化させ、ICTの活用等による中山間地域における多職種連携の在り方を考えていきます。
 
 今回、学部の名称を変更するのは、大学の目標・目的を表す名称としてより適切であると考えられること、また、看護学科でこれまで取り組んできた健康支援事業の方向性を本学学生とともに、地域社会や高校・高校生・受験生に正確に案内するためです。したがって、名称変更前(看護学部看護学科)と変更後(健康科学部看護学科)において、目的や養成する人材像、教育課程、授与する学位の分野にはなんら変更はありません。

目標に向かって進化する新見公立大学健康科学部にご期待ください。