カリキュラムポリシー

教育課程編成・実施の方針:カリキュラム・ポリシー

本学のカリキュラムは、学生の人間力と看護力を育てることを目標として編成されている。人間力と看護力を支える基盤は、「教養と感性」「柔軟な思考」「自己教育力」である。そのため以下に挙げる教育課程を構成する。これらのカリキュラムを通じて看護専門職に必要な知識、技術、態度を身に付けることを目標としている。

  1. コミュニケーション力を身に付けるため、コミュニケーションに関する科目を配置する。
  2. 豊かな教養と感性、高い論理観を育成するために、教養科目と専門基礎科目、専門科目を配置する。
  3. 看護職として必要な知識・技術を体系的に修得できるように、人間の成長・発達段階、健康レベル、あらゆる場に応じた看護に関する専門科目を配置する。
  4. 自己教育力や問題解決力を養うために、チュートリアル教育などのアクティブラーニング型授業を導入する。
  5. キャリア形成力を涵養するために、キャリア形成に関する科目を配置する。
  6. 看護学の知識を総合的に活用し、新たな知識や技術を探求し、創造していく力を養うため、専門的科目として卒業研究を配置する。