大学院カリキュラムポリシー

教育課程編成・実施の方針:カリキュラム・ポリシー

教育目的・目標に添って、カリキュラムは大きく2つの領域で構成している。

  1. 研究力を身に付けるため、看護研究に関する科目を配置する。
  2. 看護に関する広い視野と行動力を身に付け看護学の発展に貢献するための科目を配置する。
  3. 「地域生活支援看護学領域」では、地域生活における看護の課題を探求する科目を配置する。 中山間地域で生活する人々の看護の課題、在宅療養者の健康と生活課題への支援、保健・医療・福祉の連携などの討論を通じて実践力・教育力を高める。
  4. 「療養支援看護学領域」では、療養生活の場の移行に伴う連携を探究する科目を配置する。 生活習慣病やがん患者の在宅療養、精神疾患患者の社会復帰、育成期に多い疾病による家庭療養や子育てに係わる課題を分析し、医療機関から在宅や地域などへの療養の場の移行やそれを支える専門職の役割と機能、職種間の連携などの討論を通して実践力・教育力を高める。