カリキュラムポリシー

幼児教育学科

幼児教育学科は、教育職員免許法を施行規則と児童福祉法施行規則に定める科目を中心にカリキュラムを編成している。大別すると、保育者としての豊かな教養を身に付けるための教養科目と免許・資格取得の要件となる専門科目であり、以下のようなカリキュラムを編成している。

  1. 幅広い教養、コミュニケーション能力、豊かな感性,情報リテラシー、論理的思考力を修得するための教養科目を配置する。
  2. 教育・保育・福祉に関する専門知識を修得し、思考・分析・内省力等を身に付けるための専門科目を配置する。
  3. 教育・保育・福祉に関する諸問題を分析、考察する力、また、これらの分野における地域の問題を抽出し、協働的に解決する力を養成するための演習科目を配置する。
  4. 保育を省察し、保育者として成長し続ける意志を育む力、保育・教育・福祉の現場に根ざした高い実践力を修得できるよう、個別指導に基づいた実習科目を体系的に配置する。

地域福祉学科

地域福祉学科では、地域社会における介護の役割とは何かを理解しながら、より幅広い角度から介護を展開し、実践できる基礎能力を養うことを目指し、以下のようなカリキュラムを編成している。

  1. 豊かな教養と高い倫理観を育成するために、基礎科目と専門教育科目を配置する。
  2. 専門教育科目では、介護福祉における高い倫理観と専門的知識と技能を修得できるよう、介護福祉士養成の指定科目群である「人間と社会」「介護」「こころとからだのしくみ」「医療的ケア」の4領域と、介護福祉学の知識を総合的に活用し、新たな知識や技術を探究し、創造していく力を養う「地域福祉研究」を配置する。
  3. 人とその生活を支援するという介護福祉の特性に基づき、基礎科目および専門教育科目である領域「人間と社会」を中心に、生活文化の創造、地域社会における生活など、幅広く生活を豊かにする支援について学ぶ機会を提供する科目群を配置する。
  4. 介護福祉に必要な専門的知識と技能を体系的に修得するために、講義と技術演習やアクティブラーニング型演習を組み合わせた科目や介護実習と介護過程を一体的に学修できるようにした科目配置をしている。