ディプロマポリシー

幼児教育学科

幼児教育学科では、所定の単位を取得し、かつ次に掲げるポリシーを修得した学生に「短期大学士(教育学)」を授与する。

  1. 保育に関する問題や課題を自ら見つけ、その問題点を多角的に捉え解決に向けて行動することができる。
  2. 教育・保育・福祉の各分野においてその本質を理解し、十分な専門的知識と技術を身に付けている。
  3. 豊かな感性とコミュニケーション力を有し、保育者としての責任感と高い倫理観で保育に携わることができる。
  4. 地域社会の様々な人々と協働し、将来にわたって乳幼児の適切な成長を促進する環境を整えることができる。

地域福祉学科

地域福祉学科は学科の教育目標に基づき、次のような能力を修得し、かつ所定の単位を取得した学生に「短期大学士(介護福祉)」を授与する。

  1. 介護の対象となる人を広角的に捉え、その尊厳を守り、介護者として地域社会に貢献できる。 (広い視野と使命感)
  2. 専門的な知識や技術を修得し、介護を必要とする人への、根拠に基づいた基礎的な介護を実践することができる。 (知識・技術・アセスメント力)
  3. 介護の対象者およびすべての人の尊厳を守る高い倫理観を身に付けている。(高い倫理観)
  4. 介護とは何かを模索し続ける自己研さんの姿勢を身に付けている。(自己教育力)
  5. 介護福祉士としての誇りと専門知識を持ち、他職種者と連携してチームケアができる。(確かな専門性とコミュニケーション能力)