幼児教育学科の教育目的

新見公立短期大学の目的

教育基本法及び学校教育法の趣旨に基づいて、広く教養を高め、介護及び幼児教育に関し専門の知識と技能を深く指導研究し、良き社会人として、地域社会における福祉の増進と幼児教育の振興に貢献する有為な人材を育成することを目的としている。

教育研究上の目的

幼児教育に関する専門的な理論と実際的な技能を教授研究し、保育者であるとともによき社会人として、幼稚園・保育所・福祉施設などの質的充実・発展につくし、地域における保育の振興に寄与することのできる人材を育成する。

  1. 保育者にふさわしい人間的魅力と円満な人格、豊かな情操をそなえた人材を育成する。
  2. 保育者として必要な資質を向上させるために不可欠な理論を求め、技能を高めようと主体的に取り組む態度を養う。
  3. 保育者の本質を理解し、学問的な裏付けをもった実践を行うことのできる能力を養う。
  4. 保育に対する理解に支えられて、地域社会における幼児の生活環境や、生活文化の向上につとめようとする能力や態度を養う。

入学者受入れ方針:アドミッション・ポリシー

新見公立短期大学は、「教育力」で輝く大学を目指しています。勉学に適する自然環境、教育に熱心な教員、学生と教員との距離の近い血の通う教育環境などの利点を生かして、社会で役立つ人材となり得る学生を求めている。
新見公立短期大学は、本学の教育を受けるのに必要な資質と基礎学力を有し、豊かな教養と高度な専門性を身に付けたいという強い意欲を持つ人を求めている。

幼児教育学科では,学習に必要な基礎学力に加えて、次のような優れた人を求めています。

  1. 教育・保育・福祉に携わることに生きがいを感じる人。
  2. 科学的な思考・分析ができ、それらを保育実践にいかせる人。
  3. 協調性があり、問題を解決するためにねばり強く取り組む人。
  4. 地域の人と協力し、教育・保育・福祉の分野の発展に貢献する意欲のある人。
  5. 自らの人間性を高め、豊かな感性を育むよう努める人。

教育課程編成・実施の方針:カリキュラム・ポリシー

豊かな知性と人間性を育む教養教育を実施し、社会の変化に対応できる力と自学自習の習慣を修得させる。また、高等学校教育からの連続性に留意するとともに履修の多様化を踏まえて基礎教育を実施し、その上に専門的知識を修得させる。また、十分なコミュニケーション力、多様な価値観を受け止める力、習得したことを社会に貢献する力などを身に付ける。

幼児教育学科では、教育職員免許法施行規則と児童福祉法施行規則に定める科目を中心にカリキュラムを編成している。大別すると教養科目と専門科目である。専門科目は、免許・資格取得の要件となる「保育の本質・目的に関する科目」「保育の対象の理解に関する科目」「保育の内容・方法に関する科目」「教科に関する科目」「実習」と、学科独自の科目である「総合研究」とで構成している。

  1. 自らの保育をふり返り、保育者として継続して成長する意思を育む。
  2. 個別指導を重視した実習により、高い実践力が習得できるよう支援する。
  3. コミュニケーション、チームワーク、情報リテラシー等の能力を実践的に習得できるよう支援する。
  4. 卒業必修科目として「総合研究」を設置して、問題発見、論理的思考、問題解決の能力を育成する。

学位授与の方針:ディプロマ・ポリシー

各学科所定の期間在学し、学科の教育目的・教育目標に沿って設定された授業科目を履修して、基準となる単位数を修得することが学位授与の要件である。
修得すべき授業科目には、講義科目のほか、学科の方針に応じて、演習や実習、フィールドワークや卒業論文作成等の科目が含まれる。

幼児教育学科では、学科の教育目標に基づき、次のような能力を習得し、かつ所定の単位を取得した学生に「短期大学士(教育学)」を授与する。

  1. 資質の高い保育者を目指して理論を理解し、技能を高めるために主体的に取り組む姿勢を身に付けている。
  2. 保育の本質を理解し、専門的知識に基づいた保育を実践できる。
  3. 豊かで調和のとれた人間性を有し、保育者としての責任感と高い倫理観で保育に携わることができる。
  4. 地域社会の様々な人々と連携し、幼児を取り巻く環境を向上させるネットワークを構築する能力を身に付けている。