地域福祉学科の教育目的

新見公立短期大学の目的

教育基本法及び学校教育法の趣旨に基づいて、広く教養を高め、介護及び幼児教育に関し専門の知識と技能を深く指導研究し、良き社会人として、地域社会における福祉の増進と幼児教育の振興に貢献する有為な人材を育成することを目的としている。

教育研究上の目的

地域社会における介護の役割とは何かを理解しながら、より幅広い角度から介護を展開し、実践できる基礎能力を養う。

  1. 保健・医療・福祉・文化の4つの角度から、高齢者・障害者の生活文化の創造に積極的に取り組むための基礎的態度と能力を養う。
  2. 介護とは何かを常に模索し、介護の対象となる人々のニーズの把握とともに、援助活動を実践する姿勢と能力を養う。
  3. 介護を必要とする人々のアセスメントと、介護計画、介護実践とそれらの評価ができる能力を養う。
  4. 地域社会における介護展開の必要性を捉え、他の関係職種との連携をとりながら、自らの介護の役割を理解し、展開できる能力を養う。

入学者受入れ方針:アドミッション・ポリシー

新見公立短期大学は、「教育力」で輝く大学を目指しています。勉学に適する自然環境、教育に熱心な教員、学生と教員との距離の近い血の通う教育環境などの利点を生かして、社会で役立つ人材となり得る学生を求めている。
新見公立短期大学は、本学の教育を受けるのに必要な資質と基礎学力を有し、豊かな教養と高度な専門性を身に付けたいという強い意欲を持つ人を求めている。

地域福祉学科では、介護の対象となる人を広角的に捉え、その尊厳を守り、介護者として地域社会に貢献出来る人材を育成します。介護に関する知識や技術の習得と同時に介護の基礎となる生活、福祉、健康、文化、人間関係の教育に力を注いでいます。そのため介護専門職に対して強い希望を持った以下のような人を求めています。

  1. 介護職への強い熱意と明確な意志を持ち目標に向かって邁進できる人。
  2. 人とかかわることが好きで、相手を思いやり、共感の心をもとうとする人。
  3. 対象となる人をケアするために必要な観察力や分析力、論理的思考能力を養い伸ばそうとする人。
  4. 基礎的な学力を有し、現代社会を取り巻く問題を理解でき、幅広い内容の学習への意欲のある人。

教育課程編成・実施の方針:カリキュラム・ポリシー

豊かな知性と人間性を育む教養教育を実施し、社会の変化に対応できる力と自学自習の習慣を修得させる。また、高等学校教育からの連続性に留意するとともに履修の多様化を踏まえて基礎教育を実施し、その上に専門的知識を修得させる。また、十分なコミュニケーション力、多様な価値観を受け止める力、習得したことを社会に貢献する力などを身に付ける。

地域福祉学科は、基礎科目に加えて、介護福祉士養成の指定科目群である「人間と社会」「介護」「こころとからだのしくみ」「医療的ケア」の4領域と、地域福祉学科固有の科目である「地域福祉研究」からなるカリキュラムを編成している。

  1. 介護福祉に関する高い倫理観を身に付け、深い専門的知識と技能を習得できるよう支援する。
  2. 生活文化の創造、地域社会における生活など、幅広く生活を豊かにする支援について学ぶ機会を提供する。
  3. 卒業後の自己研さん能力を身に付けられるよう支援する。
  4. 全教育課程において、学生の人間的成長を支援する。

学位授与の方針:ディプロマ・ポリシー

各学科所定の期間在学し、学科の教育目的・教育目標に沿って設定された授業科目を履修して、基準となる単位数を修得することが学位授与の要件である。
修得すべき授業科目には、講義科目のほか、学科の方針に応じて、演習や実習、フィールドワークや卒業論文作成等の科目が含まれる。

地域福祉学科は学科の教育目標に基づき、次のような能力を習得し、かつ所定の単位を取得した学生に「短期大学士(介護福祉)」を授与する。

  1. 保健・医療・福祉・文化の角度から、介護を必要とする人の生活文化の創造に取り組む姿勢を身に付けている。
  2. 介護を必要とする人への、根拠に基づいた基礎的な介護実践能力を身に付けている。
  3. 介護とは何かを模索し続ける自己研さんの姿勢を身に付けている。
  4. 介護福祉士としての誇りと専門知識を持ち、他職種者と連携してチームケアができる能力を身に付けている。