幼児教育学科 - 学科の特徴

幼児教育の根

  • 学外実習に向けてきめ細やかな個別指導
  • 保育者としての高い表現力の養成(にいみゆめのぽけっと等)
  • 親子がふれあう様子が学内で学べる(にいみ子育てカレッジ)
  • 就職に向けた手厚い支援
  • 卒業後のキャリアアップに対応

学科の特徴

入学

1年次:専門分野の基礎的知識と技術を学びます
1年次は基礎科目と専門教育科目を中心に、保育に関する領域を、専門的な理論から実際の保育場面を想定した実践的知識・技能まで幅広く学びます。
2年次:実習や発表を通して保育者としての資質を磨きます
保育・教育実習を中心に音楽会(プティ・コンセール)、表現発表会(にいみゆめのぽけっと)、総合研究などを通して実践力を高め、自己表現と自己洞察を深めます。

卒業

「短期大学士」(教育学)の学位授与
卒業時に取得できる資格
幼稚園教諭二種免許状
保育士登録資格

就職

  • 幼稚園
  • 保育所(保育園)
  • 児童福祉施設
幼稚園と保育所の違いは?
小学校入学までの乳幼児の保育・養育を行う点では同じですが、幼稚園は学校教育法による学校の一つで文部科学省の管轄。保育所(保育園)は児童福祉法による児童福祉施設の一つで厚生労働省の管轄です。
卒業時さらに進学も可能です
進学例
4年制大学(3年次編入)
短期大学専攻科、各種専門学校

新見公立短期大学のここが違う!

  • 地域ぐるみの大学内子育て支援拠点
    「にいみ子育てカレッジ」
    親子交流ひろば「にこたん」での実践
    「乳児保育Ⅱ」
    「乳児保育Ⅱ」では、乳児の発達や子育て支援について学んだ後、身近な素材を用いた玩具の考案・制作、遊びの検討、親子交流活動の企画を行います。「にこたん」における実践では、乳児や親の理解を深めるとともに、自己課題を発見することで、学習意欲の向上が見られます。
  • 個別指導でしっかりサポート
    個別指導

    保育実習(保育所・施設)や教育実習(幼稚園)に行く前には、一人ひとりの学生の課題やニーズに応じて、専任教員と現場経験の豊かな実習助手との複数体制で手厚い個別指導を行っています。安心して実習に取り組めるように学生をしっかりサポートするカリキュラムになっています。

  • 総合研究
    総合研究

    少人数ゼミにおいて、幼児教育に関する専門的な理論と実際的な技能を研究します。授業や実習から興味を持った課題を学生を主体としながら担当教員と研究し、2年次の2月に発表をおこないます。総合研究を通して、自分で課題を発見して、解決していく能力を養います。

学科長からのメッセージ

住本 克彦
幼児教育学科長・教授
住本 克彦

未来を担う子どもたちを保育・教育するプロを養成!

子育て支援の充実が国や自治体の大きな目標になっている今、専門職としての保育者に対する期待やニーズはますます高まっています。本学科では、現場に精通した教員の万全なサポートのもと、少人数指導や個別指導によって、理論に裏づけされた実践力の高い保育者を養成します。同じ夢の実現を目指す仲間との高め合いや親身になった教員のきめ細やかな指導によって、人として、社会人として、保育者として大きく成長できます!皆さんの「人間力」をさらに高め、子どもたちの良いところや個性を見つける感性と、それを伸ばしていくことのできる保育技術や指導力を持った保育・教育のプロフェッショナルを目指しましょう!