新見公立大学・短期大学公式ウェブサイト


新見公立大学・短期大学後援会
メニュー
 トップページ トップページ
 会長あいさつ 会長あいさつ
 2013年度事業報告 2013年度事業報告
 2014年度事業計画 2014年度事業計画
 会則 会則

準備中




新見公立大学及び新見公立短期大学後援会会則
第1章 総則
第1条
本会は、新見公立大学及び新見公立短期大学(以下「公立大学」という。)後援会(以下「後援会」という。)と称する。
第2条
本会は、公立大学の教育振興を図り、教育効果の向上に寄与することを目的とする。
第3条
本会の事務局は、公立大学に置く。
第2章 会員
第4条
本会は、次の会員をもって組織する。
(1) 正会員 公立大学学生の保護者
(2) 賛助会員 公立大学学生の卒業生及び修了生の保護者その他本会の趣旨に賛同する者
第3章 事業
第5条
本会は、第2条の目的を達成するために次の事業を行う。
(1) 教育施設及び学生の福利厚生施設の充実改善
(2) 教員の研究助成
(3) 会員相互の交流
(4) その他本会の目的を達成するに必要な事項
第4章 役員
第6条
本会に次の役員を置く。
(1) 会長 1人
(2) 副会長 2人
(3) 理事 総会において選出
(4) 監事 2人
(5) 顧問 1人
第7条
役員の任務は、次のとおりとする。
(1) 会長は、会務を処理し、必要あるときは理事会を招集する。
(2) 副会長は、会長に事故あるときは、その任務を代行する。
(3) 理事は、予算・決算及び会則の変更、その他本会の重要な事項を審議し、財産を保管する。
(4) 監事は、本会の重要な事項を審議し、年1回以上会計監査を行い、総会に報告しなければならない。
(5) 顧問は、会務全般にわたって助言し相談に応ずる。
第8条
役員の選出方法は、次のとおりとする。
(1) 理事及び監事は、会員の中から総会で互選する。ただし、理事及び監事のうち3人は、教員及び事務職員の中から公立大学学長の推薦によって会長が委嘱する。
(2) 会長及び副会長は、理事の中から互選する。
(3) 顧問は、公立大学学長及び理事会が推薦するものを充てる。
第9条
役員の任期は、1年とする。ただし、再任を妨げない。
第10条
役員に欠員を生じたときは、補充することができる。補充による役員の任期は、前任者の残任期間とする。役員は、任期満了後でも後任者が決定するまでは、その業務を執行するものとする。
第5章 会議
第11条
本会の会議は、総会及び理事会とする。
第12条
総会は全会員をもって構成し、次の各項について審議決定する。会議の議決は、出席者の過半数の同意があることを要する。ただし、緊急を要する事項については、理事会が総会を代行し、次の総会に報告するものとする。
(1) 歳入・歳出予算及び決算
(2) 役員の選任
(3) 会則の変更
(4) その他重要な事項
第13条
理事会は、会長、副会長、理事及び監事をもって構成し、前条各号について審議する。
第14条
総会及び理事会は、会長が招集してその議長となる。
第15条
総会は、毎年1回4月に開催する。ただし、理事会が必要と認めたときは、臨時に総会を開催することができる。
第16条
理事会は、年2回(9月・2月)開催するものとする。ただし、緊急を要するときは臨時に開催することができる。
第6章 会計
第17条
本会の経費は、入会金、会費及び寄付金をもって充てる。
2
入会金は、正会員1人10,000円とし、入会時に納入するものとする。
3
正会員は、会費年額20,000円を前期と後期の初めに分納するものとする。
4
既に納入した入会金及び会費は還付しない。ただし、会長が特別の事情があると認めたときは、この限りでない。
5
本会の会計年度は、毎年4月1日から翌年3月31日までとする。
第7章 雑則
第18条
本会に次の帳簿を備える。
(1) 会則
(2) 会員名簿
(3) 役員名簿
(4) 会計簿
(5) 予算及び決算書類
(6) 会議録
第19条
本会の業務上必要な細則は、理事会の承認を得て会長がこれを定めることができる。改正の場合もまた同様とする。
附 則
この会則は、昭和55年4月11日より施行する。
附 則
この改正会則は、昭和56年4月4日より施行する。
附 則
この改正会則は、昭和63年4月1日より施行する。
附 則
この改正会則は、平成11年4月1日より施行する。
附 則
この改正会則は、平成15年10月1日より施行する。
附 則
この改正会則は、平成22年4月1日から施行する。
附 則
この改正会則は、平成25年4月1日から施行する。